更年期の過ごし方

更年期うつは、認知行動療法で負のスパイラルを止めろ!

投稿日:2017年5月13日 更新日:

こんにちは

更年期専門カウンセラーの久保です。

今日は「更年期うつ」の治療法について、お話ししたいと思います。

 

更年期症状の中でも、特に気になるのは「不定愁訴」

更年期=不定愁訴と思っている方もいますよね。

 

女性は「心と身体の調子が悪いのはいつもの事」と、慣れっこになってしまいます。

長年の間に月経痛や排卵日痛があり、歯痛や頭痛があっても家族や仕事の都合ですぐに病院に通えない生活をおくっているので、「不定愁訴」程度では病院に行かない方も多いでしょう。

 

更年期世代の不定愁訴とは、

簡単に言うと「月経前症候群」が月経周期に関係なく起きている状態です。

自分ではどうしようも出来なくて、イライラしたり怒りっぽくなったり、過食に走ったり逆に食欲がなくなったり。

眠れなくなったりすることもあります。

「絶対、いつもの私じゃない!」

あまりにこんな状態がつづいたら、それは「更年期うつ」かもしれません。

 

更年期うつってなに?

更年期障害と言われているものは、閉経の期間によるホルモンの異常によって起こります。

それが感情にも影響してイライラしたり、怒ったりしてしまいます。

あまりにも気になる場合は、婦人科で投薬治療を受けますが、「更年期だから仕方ない、閉経したら治るから」と言われるので、ちょっとホッとしますね。

マタニティーブルーで同じような症状を経験している方もいるでしょう。

どちらも、わずかな期間限定の症状です。

「自分で自覚してるから大丈夫」という人も多いです。

 

それに対して、「更年期うつ」は病気です。

病気の原因はストレスです、精神科や心療内科に通院する必要があります。

「うつ病は心が風邪をひいた状態」と言われるようになりました。

その位、誰でもかかる可能性があります。

 

本当の風邪症状は放置していても、いずれは治りますが(もちろん、ひどくなるときもありますよ)「うつ病」は放置するのは、危険です。

「更年期うつ」が他の世代の「うつ病」と違うのは、明確な病気の元がはっきりしない事が多い点です。

ストレスの原因がわからない、もしくはそれほどのストレスでもないのに「うつ病」なの?と、自分でも驚いてしまいますね。

更年期に入ると、ストレスに対する耐性が弱ってくるのです。

また、長年のストレスが更年期になって発症したとも考えられるので、必ず病院にいきましょう。

早期発見・早期治療です!

 

 更年期うつの治療には認知行動療法

更年期うつ病?と思ったら、心療内科に行ってみましょう。

他の世代のうつ病の場合と同じように、まずは投薬治療が多いでしょう。

完治するには、早い人で6カ月~1年。

中には、完治するのに5年以上かかる人もいます。

その場合は更年期症状と同じように、「長く付き合っていくか」と、気楽に構えるのが良いでしょう。

 

さて、「更年期うつ」の治療にお勧めなのは、認知行動療法によるカウンセリングです。

認知行動療法とは、

1970年代にアメリカのアーロン・ベック医師がうつ病に対する療法として開発しました。

従来のカウンセリングの手法と違い、カウンセラーがクライアントに質問を投げかけ、クライアントが自分で新しい考え方を発見していきます。

世界的にも「うつ病」だけでなく、様々な心の病気に高い効果を上げています。

日本では、2010年4月に厚生労働省が保険診療として認可しました。

従来の投薬に頼る治療よりも心理療法による治療方法は、セルフカウンセリングが出来るため、副作用もなく再発率が低いのです。

認知行動療法の基本は、<認知=考え方> を自分でコントロールして前向きな感情に変えていくことにあります。

自己啓発や向上心などの、核となる考え方です。

従来の心理カウンセリングよりも、成果がでるまでの期間が短縮しているのも嬉しいですね。

更年期うつは、病院の治療と合わせて認知行動療法によるカウンセリングをお勧めします。

(もちろん、どの世代のうつ治療にもお勧めします)

 

最後に

いかがでしたか?「更年期うつ」

うつの症状は「負のスパイラル」の連続。

・悪い事ばかりおきる

・ちっともついてない

・この先楽しいことなんて起きる訳ない!

 

そんな負のスパイラルに陥ってしまった時は、認知行動療法で考え方を変えてみましょう。

・悪い事が2回おきただけ。

・たまにはついてない時もある、いつもじゃないよ。

・この先のことはわからない、起きていない事の心配は止めておこう。

 

今回は、更年期の症状でも特に気になる「更年期うつ」について、お話ししました。

では、

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

 

 

※治療の説明については、分かりやすくするため省略している部分があります。

スポンサーリンク

-更年期の過ごし方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

更年期からは【逃げるが勝ち】

こんにちは 更年期専門カウンセラーの久保です。   他人とのお付き合いで「居心地悪いなあ」と思う事ないですか? あの人と会うのか、気が重いなあ また、〇〇まで行かないとダメなのかあ面倒だな …

ほんとは怖い!女性の更年期症状をカウンセラーが解説します

    こんにちは 更年期専門カウンセラーの久保です。 今日は、女性の更年期の症状についてお話ししたいと思います。 なかには「更年期と関係ないのでは?」と思われるものもあるんですよ …

更年期、お疲れ女子のスケジュール

こんにちは 更年期専門カウンセラーの久保です。   「なんか最近疲れが取れないの・・・」「風邪がなかなか治らない・・・」 それでも、頑張ってしまう更年期世代。 「うわ~私のことね」と、思った …

食事作りたくない病を発症しました!

  こんにちは 更年期専門カウンセラーの久保です。 秋といえば、「さんま食べたいなあ」とか「栗ご飯も食べたいなあ」とか思うんですが・・・ 「誰か作って!」と、言ってみたい。 そんな今日この頃 …

更年期なんとなくデトックスは、断捨離で厄落とし!

こんにちは 更年期専門カウンセラーの久保です。   数多い更年期症状、いつまで続くか分からない「不定愁訴」 症状の順番は、こんな感じです。   ①更年期のせい?なんとなく、何もやり …

プロフィール

https://mental-upa.com/archives/107

 心理カウンセラー久保やす子です。
ハートフルライフカウンセラー学院を卒業し更年期専門カウンセラーとして活動しています。
現在は病院で医療事務の仕事を継続しつつ、次なるステップの為に資格習得にもチャレンジ中。
2019年からは実母の介護も加わり、メールカウンセリングはお休みしています。
更年期による体調不良や仕事の悩みや介護のあれこれ等も、ブログで発信しています。

スポンサーリンク