更年期の過ごし方

あと3kg痩せる!更年期を乗り越えるダイエット大作戦

投稿日:

更年期専門カウンセラーの久保です。

更年期症状の中でも厄介なのは、体重が増えること!

「私は更年期障害なんて関係ないわ」という人でも、唯一実感するのが体重増加です。

増えてしまった体重、いざダイエット!

 

でも、ちょっと待ってください。

若い頃と同じように「食べないダイエット」では、なかなか成果はでません。

今回は、更年期女性の適切なダイエットについてお話ししようと思います。

 

どうして更年期になると太るのか

更年期に入ると、女性ホルモンのエストロゲンの量が減少します。

この物質が減ると代謝が悪くなり、太りやすくなってしまうのです。

基礎代謝(身体を保つために最低限必要なエネルギー)も更年期から減っていきます。

今までと同じように食べていると、体重が増加していきます。

 

また太り方も変わっていきます。

女性の脂肪といえば「皮下脂肪」ぽっちゃりと身体全体に脂肪がついていたものが、更年期からは「内臓脂肪」になっていきます。

内臓脂肪といえば、中年男性特有の「メタボ」や「ビール腹」

今まであまり気にならなかったお腹が出てくるので、体重増加が少なくても「太った!」と気がつきやすくなるんですね。

 

生活習慣の変化もあります。

更年期といえば、主婦なら子育てが終った頃。

ゆっくり食事を食べる余裕も、お友達とのランチも増えたでしょう。

家事も楽になったので、運動量も減っているかもしれません。

仕事をしている方なら、お給料が増えて自分の好きなものにお金を使えるのでスイーツ食べたりや外食の機会増えていませんか?

 

更年期&体重増加の弊害

体重増加じたいは、健康に害を及ぼさない限り問題はありません。

この時期に急に体重が増えても、もともと痩せすぎな人は却って健康的になりますね。

 

太り気味な人は、長年かかって体重が増えることで、身体に負担がかかっています。

更年期からは太ったことで、境界線→病気となってしまう恐れがあります。

糖尿病などの生活習慣病にかかるリスクが高くなってしまうんです。

 

ただし、ここでわかって欲しいのは、

「太ったからといって、あなたが失敗者なわけではありません」

と、いう事です。

現代は、痩せていることを美徳とする社会認識があるので、「太っているだけで自己管理が出来ないダメな人」と見る傾向があります。

「更年期になって太ってしまった、私はなんてダメな人間なんだろう」

と、思ってしまうと更年期特有の不定愁訴と合わせて、メンタルダメージが大きくなってしまいます。

身体が太っただけではなく、心のダメージが1番怖いんです。

 

「太ったのは、更年期のせい!」

そう思って気持を切り替えていきましょう。

 

そして、もしもダイエットを決心した方は参考にして下さいね

更年期に適切なダイエット方法

更年期は、自分の体質や生活にあったダイエットを行う事が必要です。

 

若い頃は、どんなダイエットをして痩せましたか?

・朝食抜きダイエット

・1週間絶食ダイエット

・サウナダイエット(汗をだして新陳代謝を促すダイエット)

・糖質制限ダイエット

・置き換えダイエット

などなど

数えきれないダイエット法がありますね。

ダイエットの基本は、摂取カロリーを減らして、運動カロリーを増やす。

誰でも知っている原則になります。

 

さあ、どれを選びましょうか?

 

正解は、どれを選んでも良い! ただし1年間続けられるものにしましょう。

 

更年期のダイエットは、すぐに成果が出ません!

1年間通してダイエット生活できるものを選ぶことが必要です。

 

更年期専門カウンセラーとして、まずお勧めするのは

ダイエット!と気負いこむのでなく、生活習慣を変えることです。

生活習慣3原則をご紹介します。

 

1. 睡眠は、6時間以上 夜は12時までに寝る

夜中の0時から3時まで熟睡している事は、ダイエットだけでなく美容の面でも必要です。

この3時間の睡眠が成長ホルモンの分泌にかかせないのです。

 

2. 水分をたくさん飲む

1日に必要な水分量は、体重(kg)×30ml

50kg体重の女性なら1.5リットルの水分が必要です。

 

3. 1日3食お米を食べる

「お米を食べると太る」は、間違った認識です。

お米は、淡水化物・タンパク質・各ビタミンなどの栄養素がたくさん入っています。

お米が太るのは食べ過ぎるからです、毎食軽くお茶碗1杯が適量です。

 

 

生活習慣を変えただけで、約3kgの減量が可能です。

それは、60kgの女性の体重の5パーセントです。

1度に体重が減るのは、だいたい体重の5パーセントです。

 

こうして生活習慣を調えてみると、自分に必要なダイエット方法が見つかりやすいですよ。

 

そうして運動で体重を減らすのは、次の段階にしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

更年期に太るって、当たり前のことなんです。

 

ダイエットは、更年期を乗り越えるためにステップです。

いつもの生活習慣に盛り込んでいきましょう。

 

もう1つ、大切なのは出来ない場合も自分を責めないこと。

・飲み会があった。

・家族の記念日で食べ過ぎた。

・どうしても運動する気にならなかった。

 

1度や2度、1日や2日、自分が決めたことが守れなくても、大丈夫!

そんなこと忘れて、また明日も続けていきましょう。

 

今回は、更年期の女性のダイエットについてお話ししました。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

-更年期の過ごし方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

更年期うつは、認知行動療法で負のスパイラルを止めろ!

こんにちは 更年期専門カウンセラーの久保です。 今日は「更年期うつ」の治療法について、お話ししたいと思います。   更年期症状の中でも、特に気になるのは「不定愁訴」 更年期=不定愁訴と思って …

更年期なんとなくデトックスは、断捨離で厄落とし!

こんにちは 更年期専門カウンセラーの久保です。   数多い更年期症状、いつまで続くか分からない「不定愁訴」 症状の順番は、こんな感じです。   ①更年期のせい?なんとなく、何もやり …

ほんとは怖い!女性の更年期症状をカウンセラーが解説します

    こんにちは 更年期専門カウンセラーの久保です。 今日は、女性の更年期の症状についてお話ししたいと思います。 なかには「更年期と関係ないのでは?」と思われるものもあるんですよ …

更年期からは【逃げるが勝ち】

こんにちは 更年期専門カウンセラーの久保です。   他人とのお付き合いで「居心地悪いなあ」と思う事ないですか? あの人と会うのか、気が重いなあ また、〇〇まで行かないとダメなのかあ面倒だな …

更年期、お疲れ女子のスケジュール

こんにちは 更年期専門カウンセラーの久保です。   「なんか最近疲れが取れないの・・・」「風邪がなかなか治らない・・・」 それでも、頑張ってしまう更年期世代。 「うわ~私のことね」と、思った …

プロフィール

https://mental-upa.com/archives/107

 心理カウンセラー久保やす子です。
ハートフルライフカウンセラー学院を卒業し更年期専門カウンセラーとして活動しています。
現在は病院で医療事務の仕事を継続しつつ、次なるステップの為に資格習得にもチャレンジ中。
2019年からは実母の介護も加わり、メールカウンセリングはお休みしています。
更年期による体調不良や仕事の悩みや介護のあれこれ等も、ブログで発信しています。

スポンサーリンク