メンタルトレーニング

メンタルトレーニングで、右肩上がりの人生曲線を描こう!

投稿日:

こんにちは

更年期専門カウンセラーの久保です。

 

皆さん、将来の夢はありますか?

 

子どもの頃は、将来どんな人になりたいか?

学生の頃は、将来どんな職業に就きたいか?

社会に出てからは、将来どんな生活をしたいか?

色んな夢を持って、叶えるために頑張って実現して生きてきました。

 

ところが、更年期世代にはいると

「今こうして、ここに居るのは自分の都合じゃない!」

「この年になって、こんな生活してると思わなかった!」

こんな事を言うようになる人、たま~にいますね。

 

どうしてだと思いますか?

それは、自分の夢を持って生活していなかったからです。

家族に合わせたり、現状維持するためだけの生活では、不満ばかりになっていきます。

不満が多くなれば、心が疲弊してしまいます。

 

今回は、

前向きメンタルトレーニングを使って、「夢」を持って生活する方法についてお話しします。

夢を叶えるメンタルトレーニング基礎編

あなたの夢はどんなことですか?

もちろん「希望」と言ってもOKです、大切な事はあくまでも自分の為のものであること。

「夫の健康」「子どもが裕福な生活をするように」等はNGです。

自分以外の人にはメンタルトレーニングは使えないのです。

他人は変えられない、変われるのは自分だけ

それが、メンタルトレーニングの鉄則です!

さあ、自分の「夢」を思い描けましたか?

思い描けたら、実現するために必要な項目を割り出していきます。

  1. 必要な期間は?
  2. 必要経費はどうするか?
  3. 実現の為に必要な情報収集
  4. リスクについて
  5. 起動修正

すべての項目が割り出せたら、今やれる事が分かってきます。

 

例をあげてみましょう

「定年したら、どこか田舎に移住して静かに暮らしたい」と思っている女性(53才)がいます。でもまだまだ先の夢だからと思っていました。

具体的に実現するために必要な項目を割り出してみます。

1.必要な期間は?

定年が7年後だから、これから7年後

2.必要経費はどうするか?

退職金の半分で賄う

3.実現の為に必要な情報収集

ネットで調べる・雑誌を購入する・イベントに参加する・旅行に行ってみる

4.リスクについて

夫はどう思っているか分からない・友人や兄弟と疎遠になってしまう

5.起動修正

今住んでいるところから、そんなに遠くなくても静かな田舎があるかも

 

こうやって必要項目を書き出してみたことで、「夢」が実現可能な事が分かってきました。

今までは漫然と「定年したら田舎に住みたいなあ」位の気持ちだったのが、「夢」になったことで、今動けることが分かってきます。

  • 夫に話してみよう、賛成してくれたら一緒の「夢」になるかもしれない
  • 今度の旅行は、近くで静かな地域を回ってみよう
  • たまに買っていた雑誌を定期購読にして、情報をたくさん仕入れよう
  • 7年で引越すかもしれないから、生活用品の買い物は控えめにしよう

こんな風にすっかり前向きな毎日になります。

夢を叶えるメンタルトレーニング応用編

「う~ん?ちょっと待って、前向きにはなるのは良いけどそんなに上手くいく?」

そういう意見が出ると思います。

そうなんです!更年期世代は学生や社会人になったばかりの若い頃とは、抱えているものが違い過ぎるんです。

 

長年培われた経験で「そんなに上手くいくとは限らない」という用心深さが刷り込まれてしまっています。

  • 楽しみにしていた旅行の前に限って、家族の誰かが病気になる
  • せっかく○○資金に貯めておいたお金が、家の修繕で消えてしまう
  • 転職しようとしたら、家族の都合でダメになった

「こんな風に上手くいかない事って、たくさんあるから」と思いますか?

用意周到なのは良い事ですが、これは長年の認知のゆがみによるものです。

認知とは、簡単に言えば「考え」実際に起きている事実ではありません。

「実際、家族の病気で旅行が中止になったのは何回あったの?」「○○資金の為に貯めておいたお金があったから、ちょうど修繕に使えて良かっただけ」「転職に乗り気じゃなかったから、家族の都合を優先させたのでは?」

「いつもこうなんだ・・・」「必ずこうなる・・・」というのは、実際には1度か2度起きただけだった事が、不測の事態というのはインパクトが強いので何度も必ず起きているような感覚を与えるのです。

 

この認知のゆがみが強い人は、安全志向が強いと言えます。

しかし度が過ぎると、行動にも支障をきたしてきます。

  • 転勤の話が出てたのに、家族が嫌がると思って断ってしまった
  • せっかく試験勉強したのに、仕事が忙しかったから試験に行くのを止めた
  • 始めて友達と旅行に行くはずだったのに、親の体調が心配で断ってしまった

このように、不測の事態が起きる事を想定し過ぎて、先に自分の行動を規制するようになってしまうかも。

今のままの状態が安定してると思って、新しい事に挑む自信や気力を無くしていくと徐々に右肩下がりの状態に陥ってしまいます。

リスクが大きい?と思った時は、「これは認知のゆがみじゃないか?」と疑ってみるようにしましょう。

これで「夢」をより実現可能なものに出来ます。

夢を叶えるメンタルトレーニング実行編

さあ、「夢」と実行する為の必要事項を書き出したので、あとは実行あるのみです。

実行するにあたっては、なるべく期間を区切りましょう。

 

前出の例に出ていた、7年で田舎に移住の夢を持った人なら

7年前~5年前 情報収集・イベント参加

4年前~2年前 旅行・現地で生活感を味わう・家の購入か賃貸の検討

1年前~移住  各手続き・引っ越し

こんな感じで、期間によって実際にやる事を決めておきます。

 

専用のノートに、予定表とチェックリストを書き込んでいったり、手帳に「夢を叶えるためのページ」を作るのも良いです。

自分の部屋の壁に大きく「夢を叶える予定表」を作って貼っておくのモチベーションアップにつながります。

 

リスクについては、実行していくに従って変わっていきます。

いつの間にかリスクで無くなっている事も多いので、あまり気にしないようにしましょう。

また、実行しているうちに起動修正の必要が出てきます。

はじめに決めた「夢」に固執せずに、どんどん起動修正していくことも必要です。

「夢」を叶える途中で、どんどん変わっていく自分自身も楽しんでみましょう。

最後に

「夢」を持って生活していく方法、楽しんでいただけましたか?

このメンタルトレーニングは、1つの「夢」だけでなくいくつにも使えます。

長期的な夢の合間に「短期の夢」を入れて、「まずは先にこの夢を叶える!」という事も出来ます。

 

モチベーションとしては、「やらなくちゃダメ」「この位できなくちゃまずいでしょ」という否定語を使わないようにしましょう。

「夢」の段階では、まったくの0の状態です。

何も実行しなくても、マイナスになる事はありません。

実行が早ければ、ものすごい右肩あがり。

ゆっくり進んでいけば、緩やかな右肩あがりの実行表になるだけの事。

 

では、メンタルトレーニングを使って楽しみながら実行してくださいね。

 

今回は前向きメンタルトレーニングを使って、「夢」を持って生活する方法についてお話ししました。

では、

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

-メンタルトレーニング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

時間の切り売りの仕事をしていませんか?

こんにちは 更年期専門カウンセラーの久保です。   ちょっと前に友人に会ったところ、こんな仕事の相談を持ち掛けられました。 同じ医療事務の仕事をしています。 「始業時間は8:30からなのに朝 …

暑さ対策 身体の為に3原則

こんにちは 更年期専門カウンセラーの久保です。 梅雨に入って(?)雨の日も多くなりましたね! 6月は水無月といいますが、なぜ水がない?と不思議ですが 実は「無」は本来「の」の意味で、「水の月」が正しい …

実践!「生きるための三つのこと」

こんにちは 更年期専門カウンセラーの久保やす子です。   先日、日野原重明先生がお亡くなりになってしまいました。 105才でした。 先生はたくさんの著書があります。 まだまだ半分も生きていな …

目指せ素敵女子、メンタルトレーニングで一身独立!

  こんにちは 更年期専門カウンセラーの久保です。   更年期は、一般的には45歳~55歳と言われています。 この時期は心と身体が大変化しますが、変わっていくのは自分だけではありま …

不安感からの脱出

こんにちは 更年期専門カウンセラーの久保です。   お正月もあっという間に過ぎていき、明日からはいつもの毎日がやってきます。 「仕事が始まるなあ~」と憂鬱な気持と共に、ちょっとホッとする部分 …

プロフィール

https://mental-upa.com/archives/107

 心理カウンセラー久保やす子です。
ハートフルライフカウンセラー学院を卒業し更年期専門カウンセラーとして活動しています。
現在は病院で医療事務の仕事を継続しつつ、次なるステップの為に資格習得にもチャレンジ中。
2019年からは実母の介護も加わり、メールカウンセリングはお休みしています。
更年期による体調不良や仕事の悩みや介護のあれこれ等も、ブログで発信しています。

スポンサーリンク