更年期の過ごし方

更年期なんとなくデトックスは、断捨離で厄落とし!

投稿日:2017年6月11日 更新日:

こんにちは

更年期専門カウンセラーの久保です。

 

数多い更年期症状、いつまで続くか分からない「不定愁訴」

症状の順番は、こんな感じです。

 

①更年期のせい?なんとなく、何もやりたくない

②どこも悪くない、病気じゃないけど治らない更年期「不定愁訴」

③更年期うつ

 

更年期世代の中には、

「いつもイライラ、こんな大変なんだからもっと気を使ってよ!」

と、周囲に当たり散らして、友人と疎遠になってしまう事もあります。

 

そうならないように、①番のなんとなく~の段階で気持を切り替えていきましょう!

 

更年期症状特有「理由もないのに、何もやりたくない」と思ったら

それは、身の回りにデトックスが溜まってる状態です。

本来は、デトックス=体内に溜まった毒物や老廃物という意味ですが、人間が生きていくには、環境にもデトックスが溜まります。

 

風水でいう気の通り道

自然の中で風の流れを利用して、人間がいつも良い環境でいられる状態を作っていました。ところが現代では、住環境の密閉や一人当たりの保有面積の狭さで、息苦しさを感じます。

「デトックスが溜まってきた」と思ったら、大自然にふれに行くのが一番良いんです。

いつもと違う健康的な場所、空気までが美味しく感じます。

「何にイライラしてたんだっけ~」と、日ごろの悩みなんてどこかに行ってしまいます。

 

でも、せっかく旅行に行ってスッキリしたと思ったのに、家に帰ってきたら再びイライラなんてことありませんか?

そんな風に思ったら、毎日の環境を見直してみましょう。

 

更年期症状なのに?まずは断捨離してみましょう

「もったいない」精神が培われていた日本。

江戸時代には、色んなものがエコで再利用や修復して使うのが当たりまえでした。

 

庶民の着物は、季節ごとに質屋で出し入れし古着を着ていました。

普段使う、籠や刃物は専門の修復の職業があり、なんと歯ブラシまで壊れても直して使っていたそうです。

「それって、断捨離の反対じゃない?」っと、思った方いますか?

現代だって、捨てるだけじゃないんですよ。

では、まず1部屋お片付けをしてみましょう。

 

用意するものは

  • ゴミ袋や段ボール
  • 雑巾・掃除機
  • 汚れても良い服装&マスク
  • 不用品を置くスペース

分けるものは3つです。

  • 捨てるもの
  • 取っておきたいもの
  • どっちか迷うもの

床のスペースに3か所分けて置いていくとやりやすいですよ。

 

「1日かかるから、時間なくてできないわ」と思わずに気楽に初めてみましょう。

実はそんなに時間かからないんです。

台所でも半日、自分の寝室なら2時間程度です。

捨てるものが驚きの量になります、自分でも「なんでこんな物の取ってあったの?」なんて思って笑ってしまう物もありますね。

 

どうですか?

スッキリしましたね、出来たら捨てるものも分別しましょう。

  • ミックスペーパー
  • 古着や古本など、売れそうなもの
  • プラスチックごみ(再利用されます)
  • 残念ながら生ゴミと一緒に出すしかないもの

迷っているものは、次回の断捨離まで保存します。

残したものは、広くなった収納箇所にいれましょう。

それぞれの行先が決まったら、掃除機かけて雑巾で拭いたら修了です。

 

こんなに断捨離できた自分をほめてあげましょう!

断捨離で「更年期なんとなくデトックス」も吐きだしたら

さあ、いつのまにか自分の中に溜まっていた「やる気ないデトックス」もどこかに行ってしまいました。

いつもの状態の私たちは、「これをやろう」「何をしたい」という思考から行動を起こします。

ところが、その思考が「○○をやらなくちゃ」「いい加減に○○をしないといけないんだな」というように、行動を強制するようになるとデトックスが溜まっていきます。

すると、やらなくちゃいけないストレスでもっとやる気がなくなっていくんですね。

 

どんなに部屋が汚くても

「ほこりで病気にならないから大丈夫。私にはこれが居心地良いの」

と思っている人は、いっこうにデトックスは溜まらないわけです。

 

そこで、「更年期なんとなくデトックス」の溜まったあなたには、

更年期だから仕方ないと考えないで、とにかく行動療法が効きます!

 

やらなくちゃいけない→でも出来ない→「ダメな自分」の方式から抜け出せましたか?

考えなくてもまず動く事が出来る断捨離は、素晴らしいです。

部屋が片付て、気持がスッキリして、不用品がお小遣いになるかもしれません。

 

まとめ

そして断捨離には、自分のイメージコントロール力があります。

出てきたゴミの傾向を考えて、「安くて粗悪なもの」「立派だけど(高かったけど)使えないもの」などを見ていると、それ以降の買い物が変わってきます。

  • どうせ買うなら、長く使えるものにしよう。
  • やっぱり日本製って使いやすい。
  • 捨てる時に困るようなものは買うの止めよう。

この3つは実際に私が断捨離して、思ったことです。

「もったいない」は、何でも取っておくことではありません。

良いものを長く大切に使っている素敵女子になりたいものです。

 

なんとなくデトックスに陥ってしまったら、ぜひ「断捨離」試してくださいね。

今回は、更年期の「なんとなくデトックス」と「断捨離効果」について、お話ししました。

では、

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク

-更年期の過ごし方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あと3kg痩せる!更年期を乗り越えるダイエット大作戦

更年期専門カウンセラーの久保です。 更年期症状の中でも厄介なのは、体重が増えること! 「私は更年期障害なんて関係ないわ」という人でも、唯一実感するのが体重増加です。 増えてしまった体重、いざダイエット …

更年期、お疲れ女子のスケジュール

こんにちは 更年期専門カウンセラーの久保です。   「なんか最近疲れが取れないの・・・」「風邪がなかなか治らない・・・」 それでも、頑張ってしまう更年期世代。 「うわ~私のことね」と、思った …

食事作りたくない病を発症しました!

  こんにちは 更年期専門カウンセラーの久保です。 秋といえば、「さんま食べたいなあ」とか「栗ご飯も食べたいなあ」とか思うんですが・・・ 「誰か作って!」と、言ってみたい。 そんな今日この頃 …

更年期うつは、認知行動療法で負のスパイラルを止めろ!

こんにちは 更年期専門カウンセラーの久保です。 今日は「更年期うつ」の治療法について、お話ししたいと思います。   更年期症状の中でも、特に気になるのは「不定愁訴」 更年期=不定愁訴と思って …

ほんとは怖い!女性の更年期症状をカウンセラーが解説します

    こんにちは 更年期専門カウンセラーの久保です。 今日は、女性の更年期の症状についてお話ししたいと思います。 なかには「更年期と関係ないのでは?」と思われるものもあるんですよ …

プロフィール

https://mental-upa.com/archives/107

 心理カウンセラー久保やす子です。
ハートフルライフカウンセラー学院を卒業し更年期専門カウンセラーとして活動しています。
現在は病院で医療事務の仕事を継続しつつ、次なるステップの為に資格習得にもチャレンジ中。
2019年からは実母の介護も加わり、メールカウンセリングはお休みしています。
更年期による体調不良や仕事の悩みや介護のあれこれ等も、ブログで発信しています。

スポンサーリンク