メンタルトレーニング

時間の切り売りの仕事をしていませんか?

投稿日:

こんにちは

更年期専門カウンセラーの久保です。

 

ちょっと前に友人に会ったところ、こんな仕事の相談を持ち掛けられました。

同じ医療事務の仕事をしています。

「始業時間は8:30からなのに朝礼の為に5分前に出勤するなら、その分始業時間を早くしてください」

と、新入社員に言われたそうです。

就業時間の意味は?

もう何年も朝礼に間に合うように出勤するのは当たり前の事、「え~嫌だな」と思っても抗議されたのは初めてでびっくりと言っていました。

ちなみに、友人はベテランの派遣社員で新入社員は本社の正社員です。

まるで逆の立場?の会話のようですね。

とっさには言い返す言葉が浮かばなかったと、悔しがっていました。

 

私もずっと前の事ですが、こんなことがありました。

早番で出勤するのは二人だけ。

パソコンのスイッチをつけ、ポットのお湯を沸かし机の掃除をしていると、もう一人が出勤してきます。

掃除をしている私を横目に、沸いたばかりのお湯でコーヒーを入れて一休み。

それでも、私は何も言わずに仕事を初めていました。

何故なら主婦で子育て中の私は、仕事中に幼稚園から連絡があったり親が病気になって急にシフトを替わってもらったりと、周りに迷惑をかける事があったので、「周りと上手くつきあわなくちゃ」と思っていたからです。

そんな風に自分に弱みがあると、あまり自己主張はしなくなります。

 

ちなみに、よく始業時間ギリギリに出勤していた女子は、そのうち転職したところ

「一緒に働いてる若い子は、年中ギリギリに出勤してきます。あの頃は私もずいぶん迷惑かけてたな、と今頃になってわかりました」と言っていました。

実は私も「不公平だな」と思っていたんですが、言葉に出さなくて良かったと思いました。

そんな風に運命って巡っていくものです。

 

なんの弱みも感じない新入社員にはそんな風に諭しても無駄なので、喧嘩する気なら「こんな受け答えがあるよ」という手があります

1日の拘束時間は、8.5時間

就業時間は、7.5時間が基準時間。

ならば、「朝礼に出なくて良いから、あなたは休憩時間の1時間以外でトイレにも行っちゃだめよ。会社は就業時間分のお給料を払っているんですからね」と言ってみるんです。

コールセンターなどでは、本当にお昼時間・トイレ休憩時間もキッチリ決まっている職場もあります。

さあ、新入社員はなんて答えるでしょうかね?

就業時間だけが仕事時間?

自分の担当があると、食事時間だろうと就業時間が終わっていようと問い合わせはやってきます。

(病院は、受付はいつも開いているからです)

そんな時「もう仕事終わったからダメ」「いま休憩時間だからダメ」と答えますか?

「良いよ、やるよ」と心良く引き受けますか?

何時間も残業してと言っているわけではないので、拘束時間はいつでも仕事を出来るようにしていても特に損はしませんよね。

そのぶん就業時間内でもコーヒーを飲んでホッと一息する時間があっても、同僚と冗談を言う時間があったって良いと思うんです。

仕事って自分の時間を切り売りしてると考えるか、仕事をすることで自分が成長しているって思うかの違いです。

不公平があるのが仕事

そうは言っても、「いつも自分ばかり仕事が多いんです」とか「結局わたしばかりやらされています」と思うのが人情です。

どうしてだか分かりますか?

 

あなたがとっても頼みやすい人柄をしているからです。

例えばスーパーで、

「あまり人が並んでいないレジに並ぼうとしたらレジの店員さんが不機嫌そうだったから、止めて他のレジに並んだ」なんて経験ないですか?

 

どうせなら、心良く引き受けてくれる人に頼みごとをしたいのです。

仕事をしていて、いつも自分ばかり忙しいならとても結構な事だと思います。

 

まとめ

友人に相談されて、わたしもとっさに良い返答が思いつかなくて、しばらく考えてしまいました。

ぎっちり労基どうりに時間を守ると、一見じぶんに得なようです。

労基はあくまでも最低限ブラック企業から労働者を守る為のものです。

でもそこからは、なんの成長もないんです。

 

「時間の切り売りする仕事」から、1歩飛び出しましょう♪

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-メンタルトレーニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カメレオン女子のイメージコントロール法

こんにちは 更年期専門カウンセラーの久保です。   理想の女性って、どんな女性ですか? 今回は、なりたい自分に近づくためのイメージコントロール法についてお話しします。   「内面で …

実践!「生きるための三つのこと」

こんにちは 更年期専門カウンセラーの久保やす子です。   先日、日野原重明先生がお亡くなりになってしまいました。 105才でした。 先生はたくさんの著書があります。 まだまだ半分も生きていな …

11月になりましたね

こんにちは 更年期専門カウンセラーの久保です。   あっという間に11月ですね・・・   仕事して、家事して、介護して、忙しくすごしているうちに10月が過ぎてしまいました。 「疲れ …

暑さ対策 身体の為に3原則

こんにちは 更年期専門カウンセラーの久保です。 梅雨に入って(?)雨の日も多くなりましたね! 6月は水無月といいますが、なぜ水がない?と不思議ですが 実は「無」は本来「の」の意味で、「水の月」が正しい …

言霊の力

こんにちは 更年期専門カウンセラーの久保です。 すっかり暑いですね・・・ もう季節のせいなのか、更年期のせいなのか分かりません(笑)   なかなか出来ない事ってありますよね! ダイエットだっ …

プロフィール

https://mental-upa.com/archives/107

 心理カウンセラー久保やす子です。
ハートフルライフカウンセラー学院を卒業し更年期専門カウンセラーとして活動しています。
現在は病院で医療事務の仕事を継続しつつ、次なるステップの為に資格習得にもチャレンジ中。
2019年からは実母の介護も加わり、メールカウンセリングはお休みしています。
更年期による体調不良や仕事の悩みや介護のあれこれ等も、ブログで発信しています。

スポンサーリンク